HOME > ドンドンチャレンジしよう

何でも出来る、やれる

バイトを始めてやるという大学生の方もいるはずです。初めてということは未経験ということです。未経験ゆえにバイトで働くということに不安を感じる、あるいは希望や期待を感じるという人もいます。それで当然です。未経験だということはもう、これは裏を返せばなんにでもチャレンジできるということです。未経験であるがゆえに興味のあるバイトにトライしてみたいという勇気を持つことです。

若い人の特権は失敗してもすぐに立ち直れるファイトがあるということです。何にでもトライして失敗したっていいのです。アルバイトの良いところはお金が貰える上に仕事のヤリガイや大変さ、社会の仕組みや人間関係の大切さマナーやコミュニケーションなどを学べることなのです。社会経験が少なくて当然の大学生ですから自分で自分のイメージに縛られていることも考えられます。

得意分野をバイトで見つける

私は、僕は、そういうのはちょっと苦手だなというイメージは誰しもあるものですが、実際にアルバイトの仕事などをしてみると自分の気づかなかった得意の分野とかに気づくことがあります。大学では文系の学科に通っていた学生が運送業のアルバイトを始め、仕事が面白くなりそのままその会社に就職してしまったなど、こういう話しはいくらでもあります。

中にはどうしても苦手な分野というものを克服できないときもあります。しかし、悲観する必要はまったくないのです。コンプレックスっを持っていない人間などいませんし、職業というものは仕事というものはそれこそ無数にあるのです。どうしても余り人と接するのがどうも苦手だという人でも、世の中には自分1人で大体出来てしまう仕事や専門職は結構あるものです。全く人と繋がりのない仕事は無いと思われますが、自分の不得意分野を認めつつ、得意分野で業績を上げて行けば、将来的にも大きな人間になれます。

PAGE TOP