HOME > 

一変する世界にドキリとする

大学生になるとそれまでの生活から一変して今まで体験したことのない世界に足を踏み入れていきます。成人になった大学生は選挙権も与えられ、飲酒や喫煙も認められることになります。繁華街などにも自由に出入りすることができるようになり、居酒屋でお酒も飲めるようになります。車は18歳から免許が取れるのですが、さらに大学生になると通学やデートのドライブなども自由にできることになります。

今までの高校生という半分大人で半分子供の世界から、完全な大人の世界に移行するわけです。そうなると当然、何をするにしてもお金がかかることになります。裕福な方は親からの仕送りですべてをまかなっている人もいますが、大学生はアルバイトをしてお小遣いをねん出している方も多いです。学生生活を充実させるには学業に専念することも重要ですが、大学生は社会人になる前の最後の遊べる期間と言ってもよいです。

教室で学べないことが学べるありがたさ

でも教室で学べないことが、確かにアルバイトのなかにはあるのです。それは働いてお金がもらえるというだけでは決してないのです。多くの人がアルバイトを経験してから本格的に企業に入社して正社員になるわけですが、その前の社会経験としてアルバイトは絶大な経験をもたらしてくれるものなのです。経験に勝るももの無しといいますが、それはまさに多くの経験です。そういう意味でアルバイトというものを学生時代び経験しておくことはのちに貴重な自分の財産となります。

もちろん、社会人になっても遊ぶ、娯楽などにお金を使い、充実した人生を生きている人も多いです。でも、大学生という時期は無邪気に遊べる最後の時期と言ってもよいです。恋人と海辺のビーチを歩いたり、親友とお酒を酌み交わしたり、カラオケでみんなと一緒に人気ソングを熱唱したりできる最後の時期と言ってもよいです。お金を稼ぐのに手っ取り早いのはアルバイトです。

PAGE TOP